メガバンク 地銀 ネット銀行の各行

りそな銀行で事業資金の融資借入・事業ローン金利と審査 ●

運転資金借入※ りそな銀行で利用できる事業資金融資は?
本文 りそな銀行はりそなホールディングスの傘下にある都市銀行です。信託銀行部門を併設しているただ一つの都市銀行でもあり、母体となった大和銀行がこれまであさひ銀行と合併することによって誕生しました。店舗数は339店(2018年5月現在)。全国26都道府県に進出しており、他の都市銀行に比べるとやや少なめなものの広く全国各地で利用できる金融機関といえるでしょう。

りそなビジネスローン「活動力」

事業者がかかえやすいお金の悩みにスピーディーに対応できるサービスを重視している事業資金融資がこの「活動力」です。資金繰りが厳しくなったときだけでなく、不意の出費が必要になったときなど幅広いシーンで役立ちます。

利用の際には当銀行と取引がある法人であること、「りそなCollaborare」の会員であることが条件になるので気をつけましょう。融資額は500万円以内、用途は運転資金・設備資金。カードローンタイプなので融資額の範囲内なら何度も繰り返し借り入れ・返済が可能です。ATMも全国に広くあるので使い勝手が非常によいでしょう。融資期間は3年ごとの更新。カードローンタイプの中では期間が長くなっているのもポイントです。担保は不要、保証人は法人の代表者が必要です。

りそな成長分野応援ファンド

こちらは日本銀行が設定する「成長基盤強化を支援するための資金供給制度」に対応しています。融資額が5000万円以上100億円以上と非常に大口となっており、どちらかといえば規模の大きな企業向けとなっていますが、もちろん中小規模で今後の成長・展開を検討している事業者にも利用可能です。

ポイントは融資対象となる「指定成長分野」が決められており、「研究開発」「起業」「事業再編」「アジア諸国などにおける投資・事業展開」など18の分野が設定されている点です。あらかじめこれらの分野に該当しているかどうか確認したうえで申し込むか、不明な点があれば直接窓口に問い合わせましょう。用途はその分野にかかわる運転資金・設備資金、融資期間は4年以内です。担保・保証人は審査の結果判断されます。

ファンドの形で融資を行う商品では海外におけるM&Aを促すために用意された「りそな海外戦略支援ファンド」などもあります。

事業向けサービス

ビジネスソリューションのサービスが充実しているのがりそな銀行の特徴です。戦術したM&Aに関する各種サポート、販路拡大や新規取引先の獲得の機会が得られるビジネスマッチング、資金調達も含めた創業支援を幅広く行う「創業応援パック」などが代表的なものとして挙げられます。さらに事務の効率化・事務化に役立つ各種インターネットバンキングサービス、海外ビジネス情報や海外進出に関するサポートなど国際業務も見逃せないでしょう。

 

[ビジネスローンはパッケージ]

記事番号 109

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

アイフルビジネスファイナンス

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、アイフルビジネスファイナンスは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感あり。

※元々アイフルのグループ会社であったビジネクストが、2020年6月に「アイフルビジネスファイナンス」と社名を変更しました。
参考:https://www.ir-aiful.com/data/current/nr20200611.pdf

1,000万円の枠で最短翌日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

アイフルビジネスファイナンスの特集ページ  >> 続きを読む

アイフルビジネスファイナンスが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で翌日融資
    (申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。
【参考に】↓
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫や銀行はどう見る?
金融機関との融資取引継続のためにすべきことは?

\ 最短翌日融資 来店不要 /

ファクタリングなら借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、その債権を買い取ってもらうことですぐに現金化できるのが「ファクタリング」です。

日本では銀行融資以外の資金繰り方法としては手形割引がよく知られていますが、欧米では手形割引きよりファクタリングの方が一般的。

 

しかしファクタリングは業者選びが非常に大切です。なぜならファクタリング業者は、街金レベルの高額な手数料を取るところも多いから。
そのような街金レベルのファクタリング業者を利用することに、金融庁が警鐘を鳴らしています。

ですから街金レベルの業者は避けて、あくまで身元が明らかで母体がしっかりした大手ファクタリング会社のみを使うようにしてください。

もちろんファクタリングそのものは違法ではありません。銀行や信金等の金融機関でもファクタリングの取り扱いがあったりもします。

たとえば、オリコが千葉興業銀行と保証ファクタリングのビジネスマッチングを開始(←リンク先に詳細あり)しています。

 

関連

他にも銀行や新興のフィンテック企業が続々とファクタリングや債権買取サービスに参入してきている最新情報はこちら(PRタイムスさん)

ただし金融機関のファクタリングは複雑な3社間ファクタリングとなり、債務者への通知やスピード現金化の点で劣ってしまい、ファクタリングのメリットが活かせないという面があります。

ファクタリングのメリットを活かしつつ安心して申込ができる会社(手数料が適正で、かつ、身元がしっかりしていて母体もしっかりしている会社)は、次の2社に絞られます。

資金調達プロ

  1. 法人はもちろん、自営業・個人事業主でも申込が可能
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. ビジネスローン、カードローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  4. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  5. 「資金調達プロ」の運営元:株式会社セレスは、東証一部上場企業なので安心感が違う。
ファクタリングで資金繰りは危ない?闇金や詐欺業者に騙されない&安全な業者選びと【資金調達プロ】特集ページ >> 続きを読む

クラウドファクタリングOLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)は、メガバンクや大手ベンチャーキャピタル等がパートナーとなっているフィンテック企業です。

※下記はOLTAのパートナー企業の一部(公式サイトより引用)

 

 

  1. 最短24時間で現金化
  2. 全ての手続きがネットで完結
  3. 手数料が安い
  4. クラウド会計ソフトfreeeに連携あり
  5. 使い続けると取引条件が優遇される
  6. OLTA(オルタ)は、コンプライアンス(法令遵守)が最も強く求められるメガバンク(大手銀行)が連携パートナー企業という安心感が抜群。

↓動画で内容を確認(音声出ません)

クラウドファクタリング【OLTA(オルタ)】の 特集ページ >> 続きを読む(連携パートナー企業の確認も)

改めてファクタリング会社で安心の2社は下記2つ

 

企業や法人事業者向けの上記2社とは対象が異なりますが、個人事業主やフリーランス向けの請求書買取サービスなら下記のフリーナンス

フリーランス向け!フリーナンスの請求書買取で即日払い

フリーナンスは、大手ITのGMOインターネット株式会社が提供するサービスです。

フリーランスや個人事業主で資金繰りに頭を悩ます方だけでなく、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故や情報漏洩に対する補償保険も含むのがフリーナンス。

詳しくは特集ページを読んでみてください >> フリーナンスの即日払い審査!フリーランス・個人事業主に評判の口座借入と保険のサービス徹底解説

 

個人の与信で借りたい方向けカードローン

少しでも低い金利で借りるための確認用 >> 個人向けカードローン金利一覧表

 

ノンバンクのビジネスローンで活用で安心安全を求めるなら一択

アイフルビジネスファイナンス →公式サイトで詳しく見る

-メガバンク 地銀 ネット銀行の各行

Copyright© 運転資金借入 急ぎならノンバンク事業ローン , 2023 All Rights Reserved.