ノンバンクの事業者ローン資金繰り 運転資金 つなぎ資金 設備資金の資金繰り

銀行ビジネスローンは即日融資で借入可能なのか?

銀行の事業資金融資の実行にはある程度時間がかかります。

銀行の事業資金融資の基幹商品である、信用保証協会の保証付融資は早くても1週間程度の時間がかかってしまいます。プロパー融資の場合には、1ヶ月近くかかってしまうことも珍しくありません。

もしも「月末急にお金が足りなくなり、支払いができない」というような今日明日中に資金が必要になった場合には、銀行の信用保証協会付融資やプロパー融資では対応できないことになります。

このような場合に、銀行は金利は高くても融資までに時間のかからないビジネスローンという商品を用意しています。

融資までの時間が早いことが売りのビジネスローンなら即日融資は可能なのでしょうか?

カネトシ氏:銀行勤務の経験者
この記事では、銀行ビジネスローンで即日融資が可能かどうかの検証と、銀行のビジネスローンをできる限り早く借りるポイントなどについて解説していきます。

銀行のビジネスローンでも即日融資は難しい

銀行のビジネスローンでは即日融資は可能なのでしょうか?

結論を先に言えば、基本的には即日融資は難しいが、上手く行けば借りることができる場合もあると言えます。

銀行のビジネスローンは、ノンバンクのビジネスローンと比較して、審査のプロセスが複雑という点と、ビジネスローンといえども銀行にとっては事業資金融資ですので、形だけでも厳格に審査を行うためです。

即日融資可能とアピールしているケースはある

銀行のビジネスローンの中には、最短即日融資とアピールしている商品があります。

銀行ビジネスローンは銀行カードローンとは異なり、警察庁への反社会的勢力データベースへの照会が必要ありません(当記事の執筆時情報)。

警察庁の反社会的勢力データベースへの照会は早くても2営業日の時間がかかるので、銀行カードローンは即日融資が不可能なのです。

ビジネスローンには警察庁への反社確認がないため、理論上は銀行のビジネスローンは即日融資可能です。

できるかできないかではなく、「嘘ではないため」最短即日融資とアピールしている側面はあるでしょう。

実際に即日で融資が実行される?

しかし、実際には、即日融資は難しいと考えた方がよいでしょう。

銀行のビジネスローンは、審査のプロセスが銀行カードローンと同じく複雑になっているため、即日で融資を受けることができる場合は少ないと言えます。

銀行ビジネスローンの審査手順は銀行カードローンと同じ

銀行のビジネスローンには必ず保証会社がついています。

保証会社は信用保証協会とは異なり、「資金の必要性」「企業の将来性」などは詳細には審査しません。決算書の内容を点数化するスコアリング審査となります。

スコアリング審査は通常、コンピューターによる自動審査がメインですので、審査の結果が出るまでに時間はかかりません。

このため、保証会社の仮審査は、カードローンと同じく、ビジネスローンも即日で終了することが一般的です。

本審査でビジネスローンは時間がかかる

銀行のビジネスローンで即日融資が難しい理由は、本審査で時間がかかるためです。

ビジネスローンは「保証会社がついているから返済が保証されており、速やかに融資をしても問題ない」というのが銀行の本音です。

しかし、いかにビジネスローンといえども、銀行は事業資金の融資先に関しては、将来性をしっかりと分析して管理する義務を負っています。

カードローンの稟議では「保証会社の保証がついており、返済には問題ない」というロジックで審査は完結しますが、事業資金の場合には上記の理由でそのような訳にはいきません。

予測の資金繰り表や、売上や利益の予測、資金の必要性なども一応説明した稟議を作成しますので、審査にはそれなりに時間がかかります。

これらの稟議を、即日で銀行員が作成することができ、その稟議が支店長まで回覧できれば即日融資を受けることができる可能性はありますが、基本的には2~3営業日の時間がかかってしまうことが一般的です。

 

銀行のビジネスローンと銀行融資(プロパー/保証協会)の違いは?

銀行のビジネスローンは事業資金版のカードローンと言えます。このため、信用保証協会の保証付きの事業資金融資やプロパー融資とは大きく異なる商品です。

主な違いは以下の通りです。

金利が違う

銀行のプロパー融資や保証協会の保証付き融資の金利は2%〜4%程度で、場合によっては1%台という商品も珍しくありません。

また、金利は基本的に企業の格付けによって決定し、優良企業は1%を切る金利でお金を借りることができる場合も珍しくありません。

しかし、先ほど述べたようにビジネスローンの金利は10%〜14%程度と高金利です。

本来、銀行はプロパー融資や保証協会の保証付き融資といった事業性資金融資においては、必ずしも収益だけを目的とはしていません。

融資によって中小企業や個人事業主の資金繰りを円滑化し、企業経営の向上と、地域経済の発展と、雇用の創出を社会的なミッションとしていますので、高金利を設定して直接的に大きな収益を上げようとはしていないのです。

しかし、ビジネスローンにおいては高金利を設定し、直接的に収益を得ることを目的としています。

両者の違いは、銀行カードローンと住宅ローンの違いと考えればわかりやすいかもしれません。

融資までの速度が違う

銀行のビジネスローンは最短で1営業日程度・平均的には3営業日程度で融資が行われます。

一方、銀行のプロパー融資や保証協会の保証付き融資は、早くて1週間程度時間がかかり、長い場合に3週間から1ヶ月程度の時間が必要になります。

両者は審査の基準が全く異なるため、融資までの速度にも違いがあるのです。

審査基準が違う

銀行のプロパー融資や保証協会の保証付き融資といった事業資金の審査は「返済可能かどうか」という当たり前の視点に加え、「融資によってその企業が発展するか」、「資金は本当に必要か」などの将来性や資金使途の妥当性なども審査に加味されます。

極端に言えば、業績が良好で全く返済には問題がない企業であっても、その資金が必要ではないと銀行が判断した場合には融資を受けることが難しいのです。

しかし、ビジネスローンの審査では「返済可能かどうか」という視点でしか審査は行われません。つまり、どんな資金使途であろうと、返済できる見込みがあれば融資を行ってしまうのがビジネスローンなのです。

このため、ビジネスローンの方が銀行の一般的な事業資金融資よりも審査に通りやすい特徴があり、審査のスピードも早くなります。

 

銀行ビジネスローンで融資が早くおりるケース すぐに借入できる場合

銀行で早くビジネスローンを借りたい場合には、どのようにすればよいのでしょうか?

どの銀行へ申し込むのかという点で、融資までのスピードは左右される傾向があります。

すでに銀行へ決算書を出しているケース

すでに銀行と融資取引があり、銀行に毎年決算書を提出しているような場合には、銀行の本審査が終了するのも早くなる傾向があります。

銀行は事業資金融資がある取引先に関しては、毎年決算書を分析・審査し、その企業の業況を把握し、融資方針を決定しています。

このため、本審査で改めて企業の業況などを分析する必要がないため、審査は早くなります。

また、すでに決算書を提出しているので、銀行に対して改めて決算書を提出する手間がかからないというのも審査が早い理由の1つです。

必要書類を事前に用意している

必要書類は事前に用意しておきましょう。

初めて取引する銀行からビジネスローンを借りる場合には、商業登記簿謄本や印鑑証明を用意しなければならない場合があります。

これらの書類は法務局などに行かなければ取得することができないので、せっかく審査に通過しても書類を用意することができない限りは、融資を受けることができません。

個人事業主の方が審査が早い

個人事業主の方が審査は早い傾向にあります。

基本的に個人事業主の確定申告書の方が審査の項目が少ないため、審査には時間がかかりません。

また、65万円の青色申告控除に必要な貸借対照表を作っていない個人事業主は、審査をする材料が損益計算書しかないため、さらに審査は早くなる可能性が高くなります。

決算から3ヶ月以内

直近の決算から時間が経ってしまっている場合には、銀行から試算表の提出を要求されることがあります。

自分のところで毎日帳簿をつけている事業者であれば、すぐに試算表を提出することができるかもしれません。

しかし、税理士事務所などに会計を丸投げしてしまっている場合には、今日の今日、試算表を用意するのが難しくなります。

このため、決算から3ヶ月以内程度しか時間が経過しておらず、試算表の提出が必要ないタイミングでビジネスローンを借りた方が、早くお金を借りることができる可能性が高くなります。

繁忙期は外す

9月、12月、3月の年度末や年末のタイミングというのは、銀行には多くの融資案件があるので、審査が立て込む傾向にあります。

このような時にはビジネスローンの審査が後回しにされてしまうことがあるため、6月や2月などの銀行や世間があまり忙しくない時期を狙って申し込みをした方が早くお金を借りることができるでしょう。

これは、ビジネスローンだけでなく、あらゆるローンで同じことが言えます。

 

ノンバンクや消費者金融のビジネスローンでは
即日融資借入も可能

ノンバンクや消費者金融のビジネスローンは、銀行とは異なり、十分に即日融資に対応していると言えるでしょう。

ノンバンクのビジネスローンは、審査が銀行に比べてシンプルであるためです。

ノンバンクの審査プロセスはシンプル

ノンバンクの審査はとてもシンプルです。

ノンバンクのビジネスローンは銀行のように保証会社がついているわけではありません。

このため、審査のプロセスが、仮審査と本審査に分かれているわけはないため、ノンバンク1社の中で審査が完結します。

審査のプロセスが銀行の半分ですので、審査回答が早く、ノンバンクのビジネスローンは即日融資に対応することができるのです。

審査の内容はスコアリング審査一本

審査の内容もノンバンクは銀行と比較してシンプルです。

簡単にいえば、決算書の内容を審査システムに反映させるスコアリング審査だけを行います。

スコアリングで、リスクを計り、リスクが基準を超えている場合には融資を行いますし、そうでない場合には融資をしないだけです。

銀行の本審査のように、企業の将来について詳細な分析が必要になるわけでもないため、審査に時間がかからないのです。

ノンバンクの審査基準は回収できるかどうかだけで、銀行のようにその企業の業況について管理の責任を負っていません。

回収できるかどうかだけであれば、スコアリング審査だけでよいので、ノンバンクの審査には時間がかかりません。

多くのノンバンクが即日融資に対応している

このような理由によって、多くのノンバンクが即日融資に対応しています。

消費者金融のカードローンと同じく、金利が高いノンバンクは「融資までのスピードという付加価値」で他社と競合をしている側面があるので、メジャーなノンバンクのビジネスローンの多くが即日融資に対応しています。

急いでいる場合には、ノンバンクの方が活用できるでしょう。

銀行ビジネスローンは即日融資で借入可能なのか? まとめ

銀行の融資には時間がかかります。

保証協会付の融資やプロパー融資は2週間以上の時間がかかることもありますが、ビジネスローンだけはそれほど長い時間はかかりません。

中には、「最短即日融資」と謳っているビジネスローンもありますが、過度にこのフレーズを信用して、本当に急ぎでお金が必要なタイミングでビジネスローンに期待するのは危険です。

ビジネスローンは仮審査と本審査に分かれている上、ビジネスローンとは言え、事業資金である以上、銀行は事業融資先として一通りの審査を行います。

銀行は、事業融資先の経営管理の責任を負っている以上、「保証会社がついていて、銀行にはリスクがないから関係ない」というわけにはいかないのです。

このため、早く稟議を作成することができ、すぐに稟議が回覧されれば即日融資を受けることができますが、3営業日以上かかってしまうことがあると考えておきましょう。

一方、ノンバンクのビジネスローンは、銀行のように本審査と仮審査に分かれているわけでもなく、「回収できるかどうか」という視点だけで審査を行うことができるので、審査には時間がかかりません。

ノンバンクであれば即日融資を受けることができる可能性はありますが、金利が高いので、ノンバンクの利用は、「急いでお金が必要な時」の短期間だけの利用に留めるようにしましょう。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

アイフルビジネスファイナンス

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、アイフルビジネスファイナンスは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感あり。

※元々アイフルのグループ会社であったビジネクストが、2020年6月に「アイフルビジネスファイナンス」と社名を変更しました。
参考:https://www.ir-aiful.com/data/current/nr20200611.pdf

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

アイフルビジネスファイナンスの特集ページ  >> 続きを読む

アイフルビジネスファイナンスが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資
    (申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。
【参考に】↓
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫や銀行はどう見る?
金融機関との融資取引継続のためにすべきことは?

 

\ 最短即日融資 来店不要 /

ジャパンネット銀行ビジネスローン

ビジネスアカウントを持っていれば審査が早い 申込時に必要書類が少ないので申込がラク

  1. 個人事業主向けビジネスローンは必要書類なし
  2. 法人向けビジネスローンはメールで決算書を提出
  3. WEB上で契約後すぐに利用開始
  4. 即日融資は難しいのが難点
実質年率 限度額 担保・保証人
4.8%~13.8%
500万円
【個人】不要【法人】代表者
連帯保証が必要

 

【ジャパンネット銀行ビジネスローン】の 特集ページ >> 続きを読む

これを機にジャパンネット銀行のビジネスアカウントを開設しておきませんか。

【参考に】↓
法人口座開設の必要書類と審査落ち理由を元銀行員が語る!
ネット銀行なら簡単に作りやすいの?厳しい?

 

\ 来店不要 /

ファクタリングなら借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、その債権を買い取ってもらうことですぐに現金化できるのが「ファクタリング」です。

日本では銀行融資以外の資金繰り方法としては手形割引がよく知られていますが、欧米では手形割引きよりファクタリングの方が一般的。

 

しかしファクタリングは業者選びが非常に大切です。
なぜならファクタリング業者は、街金レベルの高額な手数料を取るところも多いからです。
そういった街金レベルのファクタリング業者を利用することに金融庁は警鐘を鳴らしています。

ですから街金レベルの業者は避けて、あくまで身元が明らかで母体がしっかりした大手ファクタリング会社のみを使うようにしてください。

もちろんファクタリングそのものは違法ではありません。銀行や信金等の金融機関でもファクタリングの取り扱いがあったりもします。

ただし金融機関のファクタリングは複雑な3社間ファクタリングとなり、債務者への通知やスピード現金化の点で劣ってしまい、ファクタリングのメリットが活かせないという面があります。

ファクタリングのメリットを活かしつつ安心して申込ができる会社(手数料が適正で、かつ、身元がしっかりしていて母体もしっかりしている会社)は、次の2社に絞られます。

資金調達プロ

  1. 法人はもちろん、自営業・個人事業主でも申込が可能
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. ビジネスローン、カードローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  4. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  5. 「資金調達プロ」の運営元:株式会社セレスは、東証一部上場企業なので安心感が違う。
ファクタリングで資金繰りは危ない?闇金や詐欺業者に騙されない&安全な業者選びと
【資金調達プロ】特集ページ >> 続きを読む

 

クラウドファクタリングOLTA(オルタ)

OLTAはメガバンクや大手ベンチャキャピタル等がパートナーとなるフィンテック企業です。

  1. 最短24時間で現金化
  2. 全ての手続きがネットで完結
  3. 手数料が安い
  4. クラウド会計ソフトfreeeに連携あり
  5. 使い続けると取引条件が優遇される
  6. OLTA(オルタ)は、コンプライアンス(法令遵守)が最も強く求められるメガバンク(大手銀行)が連携パートナー企業という安心感が抜群。

↓動画で内容を確認(音声出ません)

 

クラウドファクタリング【OLTA(オルタ)】の
特集ページ >> 続きを読む(連携パートナー企業の確認も)

 

事業主向けの上記2社とは対象者が異なりますが、フリーランス向けなら下記のフリーナンス

フリーランス向け!フリーナンスの請求書買取で即日払い

フリーナンスは、大手ITのGMOインターネット株式会社が提供するサービスです。

フリーランスや個人事業主で資金繰りにお困りの方にはおすすめできるので、特集ページを読んでみてください >> フリーナンスの即日払い審査!フリーランス・個人事業主に評判の口座借入と保険のサービス徹底解説

 

個人の与信で借りたい方向けカードローン

少しでも低い金利で借りるための確認用 >> 銀行融資個人向けカードローン金利一覧表

 

改めてファクタリング会社で安心の2社は下記2つ

-ノンバンクの事業者ローン資金繰り, 運転資金 つなぎ資金 設備資金の資金繰り

Copyright© 運転資金融資 事業ローン借入 急ぎ , 2021 All Rights Reserved.