no image

地方銀行の苦境と生き残り再編と金融庁の方針から今後の銀行融資の方向性を理解する

地方銀行が苦境に立たされています。 メディア各社では、地方銀行が本業で赤字を出しているとの記事が踊っており、利息収入の下落に加えて、カードローンやアパートローンのなどの収益源を相次いで失っているためで ...

no image

金融庁行政方針から読み解く2018年度以降の銀行経営と融資はどう変わるのか?

2017年11月、金融庁は、金融庁が今後の金融行政においてなにを目指すのかということを明確化した、金融行政方針を公表しました。 金融庁の方針によって、銀行経営はこれまでも大きく左右されてきましたが、新 ...

no image

銀行融資の審査稟議書と融資課長 支店長決済 審査部の本店決済の違い

銀行の融資案件の審査には、担当者、審査課長、支店長、本部の審査部というように、様々な機関や人が加わります。 審査がこれらのたくさんのプロセスを経る必要があるのは、担当者や支店レベルの独断だけで、不正な ...

no image

審査に時間のかからない融資スピードが早い制度融資 制度資金もある

時間のかからない制度資金 制度資金が一般的に時間がかかるといわれているのには以下の理由があります。 ①経営者が地方自治体の窓口に行かなければならない ②自治体の役人さんの書類のチェックが細かく時間がか ...

no image

つなぎ資金借入の銀行融資 審査<至急 急ぎ>極度枠金額で資金繰り

つなぎ資金とは、数日後、数か月後などの決まった期日までにお金が入金となるまでに、その期間だけ必要になる資金のことです。 銀行ではもちろんつなぎ資金の融資に応じていますが、つなぎ資金の審査にポイントや申 ...

no image

法人融資即日は可能? 遅い銀行融資と早いノンバンク融資の理由

法人でも「急に取引先から入金が遅れると連絡が入った」とか「今日中にお金を用意しないと手形が不渡りになってしまう」など、急にお金が必要になったときには、即日で融資を受けたいところ。 しかし、基本的には法 ...

no image

融資5原則から見る審査に通る銀行融資の申込!経営者なら知っておこう

銀行が企業などに融資を行う際には、ただ「返済できるから」とか「担保や保証人がいるから回収に問題ない」という理由だけで融資には応じてくれるわけではありません。 融資には「公共性」「安全性」「収益性」「流 ...

no image

2017年公表 3大メガバンクの従業員削減 店舗閉鎖 リストラとフィンテックの流れ

ここ最近、3大メガバンクの店舗統廃合、大幅な人員削減、人員の配置転換のニュースが話題となっています。 日銀のマイナス金利政策に加え、ITと金融の融合であるフィンテックの台頭などによって、銀行のあり方が ...

no image

運転資金借入の銀行融資 金利 利率と審査内容や必要書類は?

会社を回していくのには、売り上げがあってもなくてもお金がかかります。この、会社を回していくための資金を運転資金といいます。 運転資金が手元にない場合に銀行に融資を申込むことが多々ある訳ですが、運転資金 ...

no image

設備資金借入の銀行融資 金利 利率と審査基準や融資期間

「会社の工場に新しい機械を導入したい」「規模拡大のための新規事業を始めるために設備のお金を借りたい」といった、機械や車、土地建物などを購入するための資金を「設備資金」といいます。 設備資金も銀行から融 ...

Copyright© 運転資金融資 事業ローン借入 急ぎ , 2021 All Rights Reserved.